起業とビジネスとお金のあれこれ

起業、ビジネス、お金についての知識を書いていきます

投資

投資と投機の違いを分かりやすく解説

2017/04/25

「投機」という言葉は聞いたことがありますか?
あまり聞きなれない言葉だと思います。

反対に「投資」という言葉は誰しも聞いたことはあるはずです。
不動産投資、株式投資、○○に投資するなど日常的に使う言葉です。

「投資」と「投機」はひとまとめにされてしまうことがよくありますが、似て非なるものです。

投資と投機とは何なのか?

投資
中長期的な視点で将来の利益のためにお金を使う行為です。

例えば、ある上場会社が目新しいサービスを始めました。
新しいサービスが流行ると考えたあなたは、その会社の株を100万円分買うことにしました。
3年後あなたの予想した通り新しいサービスは流行り100万円で購入した株が500万円の価値になりました。
基本的に会社の業績が上がるとその会社の株を欲しがる人が増えるため株の価格も上がっていきます。
これが株式投資です。
企業が成長すると株価が上がるので株を持っている自分にも利益があります。

 

投機
短期的に目先の利益のためにお金を使う行為です。

投機の例としてFXなどのデイトレードがあります。
日本語にすると「外国為替証拠金取引」です。
日本語で覚える必要はないのでFXで覚えておけば問題ないでしょう。
FXは外国の為替レートの差額で利益をだします。
例えとして1ドルが100円のレート時に100万円分ドルに替えたとします。100万円分なので1万ドルです。
購入時に1ドルが100円だったものが1ドルが120円になりました。
今持っているお金は1万ドルなので、これを円に替えると120万円になります。
この20万円が利益になります。

いっけん投資と同じかと思うかもしれませんがFXはレバレッジをかけて行うことが多いです。
レバレッジとは「てこの原理」です。証拠金としてお金を入れるとそのお金の数倍~数百倍のお金を動かすことが出来ます。
例えばレバレッジが20倍だとします。自分の資金は100万円ですが20倍なので2000万円のお金を動かせることになります。
先ほどと同じように1ドルが100円の時に2000万円分のドルを買うとします。
1ドルが101円になったときにドルを売るとこれだけで20万円の利益です。
レバレッジをかけず100万円で買っていたら1万円の利益にしかなりませんが20倍のレバレッジなので20万円の利益になります。
1円の変動でこれだけのお金が動くわけですので基本はPCにはりついて売買するわけです。

投機はギャンブルに近い側面があります。
FXは基本的にはゼロサムゲームになります。
ゼロサムゲームとはプレイヤー同士のプラスとマイナスの総和が0になるゲームです。
2人のプレイヤーがお互いに100万円だして合計200万円を奪い合うゲームをイメージしてください。
これがゼロサムゲームです。
FXはこれを世界中の人たちで行っているゲームなので誰かが儲ければ、誰かが損をする仕組みになっています。

ちなみに胴元とやるギャンブルはマイナスサムゲームと言います。
パチンコ、競馬、宝くじなどがこれにあたります。絶対に胴元が損をしないようになっていますのでやればやるほどプレイヤーはマイナスにむかっていきます。

これが主な投資と投機の違いです。
投資はある程度自分の考えでコントロールやリスク回避が出来ますが、投機は運の要素がかなり強いのかなと私は考えています。
投機を批判するわけではないですが投機で儲けを出し続けるのは一部の天才か強運の持ち主でないと難しそうなので私は天才ではないので長期的な考えで投資をしようと思います。

-投資