起業とビジネスとお金のあれこれ

起業、ビジネス、お金についての知識を書いていきます

起業

起業して一番大変だった事(実体験)

こんにちはUGです。

起業して大変な事は山のようにあります。
私が一番大変だった事は、資金繰りでも労働時間でも税金でもありません。

どんな経営者も資金繰りで頭を悩ませると言いますが、私に関しては資金繰りで悩んだことは、ほとんどありません。
起業前はお金があまりお金をかけずに出来るビジネスをやろうと思い起業しました。

私が起業前のビジネス選びで意識したことは、在庫を持たない事固定費を掛け過ぎない事です。
実際に上記2点に気をつけて起業しましたので、特に資金繰りに困ったことはありません。

 

資金10万円と10億円ある人では、始めるビジネスも変わってきます。
資金10万円の人が10億円必要なビジネスを始めようと思っても難しいので、10万円しかないのであれば10万円で出来る事をやるべきです。

今の時代ほとんどお金をかけなくてもビジネスは出来るので、やりたいことに大金が必要な場合は稼いでからやった方がいいかもしれません。

数百万円追加で必要な場合であれば融資や出資してもらうことを考えてみましょう。

 

労働時間は最初の1年程は、ほとんど仕事をしていました。
休んだ記憶がありません。

労働時間に関しては覚悟のうえに好きでやっている事なので特には気にならなかったです。
ただ、もう一度同じことをやれと言われても絶対にやりたくないですが...

その後は社員に任せたので、ほとんど自分がいなくても回るような仕組みにしました。
これも最初から決めていたことです。
最初の仕組みを作るまでは自分ではないと難しいので、仕組みを作るまでは自分でやり仕組みが出来上がったら人に任せました。

 

 

税金に関して言うと分からない事はググって調べるなり、税理士さんに聞いて解決出来たので問題はありませんでした。
ほとんどの事はグーグル先生に聞けば答えは出ます。

分からないことが何か分からない状況もあります。
全く知らない情報は調べようと考えても調べようがないので、そういう場合は本を読んだり、先輩経営者の方にアドバイスをいただいたりしました。

 

上記3点も大変と言えば大変だったのですが、それよりも大変だった事がこちら。

 

 

 

人を扱う事の難しさ

ここに私は一番苦労したかもしれません。

今の時代は「安定」を求めて大企業に就職したり公務員になりたがるのが流行りです。
この先どうなるかも分からない「不安定」な零細企業で働きたいと思う人は少数派かもしれません。

やっとの思いで働く人を探してきても長く続かない人が多いです。
私の対応に不満があるのか、仕事内容に不満があるのか、仕事を続けることが出来ない人のか、辞めたいと言われるたびに悩みました。

仕事を一通り教えて、よし!これからだという時に辞められると精神的にも会社的にもダメージがかなり大きかったです。

働く人を探すのにはコストと時間が思っている以上にかかります。
仕事を任せられるようになるまでには、さらに時間とコストがかかってしまいます。

求人を出すコスト、求人の問い合わせ対応のコストと時間、教育のコストと時間、膨大です。
その人が辞めなければ使う必要のない経費と時間が無駄に発生してしまうわけです。

 

 

上下関係の逆転


世間の社長のイメージは雑務は部下に任せて、お茶を部下に入れさせて、自分のやりたいことだけをやっているイメージかもしれません。
大企業の社長はそうなのでしょうが、起業したての社長なんて社員やバイトより立場が下です。

出来るだけスタッフに仕事に集中して欲しいので、余計な雑務はスタッフにはさせず私自身がやり、お茶くみではないですが率先してコーヒーなどを買いに行っていました。

大変そうな仕事は出来るだけ自分でやり、長く働かせて嫌になって辞められると困るので短い時間で集中してやってもらっていました。

今考えるとかなり気を使っていたかもしれません。

大企業のように一万人いるなかの1人が辞めるのと零細企業の3人でやっているうちの1人が辞めるのでは全然重みが違います。
大企業0.01%と零細企業33%の労働力です。

一人辞めてしまうと今まで3人でやっていた仕事を2人で回さなくてはいけなくなってしまいます。
かといって他の部下に仕事を振りすぎるとその部下も辞めてしまうかもしれません。
そうなると社長である自分が死ぬ気で働くしかありません。

 

一番最初に雇う人の重要性


起業して人を雇っていくつもりであれば、最初に雇う人が大変重要になっていきます。

起業初年度で会社が上手くいくか失敗するか決まってしまうと言っても過言ではありません。

私の場合は運がよかったので、最初に雇った人とは今も一緒に働いています。
最初に雇った人がとっかえひっかえになっていたら会社は潰れていた可能性が高いと思います

誰かを雇う場合は最初の一人目は本当に信用出来る人にお願いして、一緒に働いてもらうのがベストかもしれません。

お願い出来る人がいない場合は誰かに紹介してもらう、求人を出すにしてもよく検討してから雇うようにしてみてください。

 

何かかなり話がそれてしまいましたが私が起業して大変だったことでした。

 

-起業