起業とビジネスとお金のあれこれ

起業、ビジネス、お金についての知識を書いていきます

起業

株式会社設立は自分でやらないほうがいいのか?

2017/04/25

株式会社を設立するには二つのやり方があります。

1自分で設立手続きを行う
2会社設立代行業者に依頼する

私は設立代行業者に依頼をして株式会社設立しました。
なぜ代行業者に依頼をしたのか結論から言いますと自分で設立をするよりも安くて楽だからです。
自分で設立するよりも楽なのはご理解いただけると思いますが、なぜ代行業者を利用した方が自身で設立するよりも安くなるのでしょうか?

自分で設立 代行業者で設立
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計金額 242,000 20,2000円

自身で株式会社を設立する場合と代行業者に依頼して設立した場合の金額の比較になります。
必ずかかる費用を載せていますが、代行業者に依頼した場合は手数料がかかる場合があります。手数料がかかったとしても、基本的に自身で設立するよりも代行業者を利用して設立するほうが安いことがほとんどです。

上記の表に記載している金額の違いは定款認証印紙代です。
いわゆる印紙代です。

自身で会社設立手続きを行う場合は、紙の定款を作らなくてはいけません。
紙の定款を作る場合に印紙代として40,000円が必要になります。

代行業者を利用した場合は紙の定款は作らず電子定款を作成してもらえます。
電子定款は印紙代が不要です。

この印紙代40,000円の差額が自身で株式会社を設立した場合と代行業者を利用した金額の違いになります。

電子定款を自分で作れば印紙代は不要になるから安く会社設立が出来るのか?

自身で電子定款を作れば印紙代がかからないので安く設立することが可能です。
ただし専用の機材を購入しないといけません。機材を用意するだけで40,000円位かかってしまうい手間もかかるので、あまり合理的とは言えません。

自分で設立するメリットはあるのか?

金額につきましては自身で設立するよりも代行業者で設立をした方が安いことはご理解いただけたかと思います。

それでは自身で株式会社を設立をするメリットは何でしょうか?
はっきり言ってしまうと自身で設立するメリットはありません
面倒なことは全てプロがやってくれて、しかも金額も安いとなると代行業者を使わない理由がなくなってしまします。
しいて言うならば、「自分の会社なのだから全部自分でやりたい」と思う方は自分で設立手続きの全てを行えばいいと思いますが会社設立時は何かと忙しいため、お金と時間と手間をかけてまで自分でやらなくてもいいことをやる必要はないかと私は考えています。そんな事をやっている暇があるなら自分にしか出来ないことをやるべきでしょう。

代行業者の税理士と顧問契約を結ぶと設立費用の割引もあります。
税理士の探し方、選び方については別の記事で書かせていただきます。

設立代行業者を利用することを私は勧めているわけですが代行業者のステマではありませんのでご安心下さい。
株式会社設立を考えているのであれば代行業者は沢山あるので一度調べてみてはいかがでしょうか。

-起業