起業とビジネスとお金のあれこれ

起業、ビジネス、お金についての知識を書いていきます

ブログ

先物取引業者から営業電話がきたので会って話を聞いてみた

会社を経営していると変な営業電話が山のようにかかってきます。

普段はほとんど話も聞かずに切ってしまうのですが、今回は若い女性からの電話で先物取引の話でしたので話だけ

でも聞いてみてもいいかなと思い会って実際に話を聞いてみました。

若い女性だからではなく先物取引に少し興味があったので勘違いしないでください。

結論から言うとお金は投資していません。

 

商品先物とは?

商品先物取引を簡単に説明します。
先物取引は商品を売買します。
金、銀、とうもろこし、大豆などです。
商品を売買するからといって商品が実際に届くわけではありません。
とうもろこしを100万円分購入して実際に商品が届いたら困ります。

とうもろこしを買ったことにして未来で売る約束をします

株式と商品先物取引の違い

1.株式は1株で10000円の株を100株買うと100万円の取引しか出来ません。
先物取引は100万円あれば1000万円、2000万円の取引が出来てしまいます。
俗にいうレバレッジ(てこの原理)を掛けられます。
これは担保金だけで取引が出来る仕組みがあるからです。

2.株式は購入時より値段が上がった時に売ると利益になります。

反対に言うと購入時より値段が下がると損になってしまいます。
先物取引では売りから入ることが出来ます。
ここが株式との決定的な違いです。

買い売りどちらの選択肢もありますので、売りから入れば商品の値段が下がると利益になるわけです。
売りから入り商品の値段が上がると損をすることになります。

 

3.株式は株の値段が上がろうが、下がろうが、その会社が潰れるか上場廃止にならない限りずっと持っておけますが、商品取引は最長で1年までしか持っておけません。

 

株式との大きな違いは上記3点です。
もっと詳しく知りたい場合はググってください。

 

 

おすすめされた商品


営業マンに事務所まで来てもらい色々説明してもらいました。

営業マンというより女性なので営業ウーマンですね。

営業「今買うなら原油が絶対おすすめです。11月30日にOPECという原油産出国での会議があり原油の値段を上げるために供給量を減らす可能性が高いです。」

私「供給量を減らすという事は原油の値段だ上がるのでしょうか?」

営業「仰る通りです。さすが社長です。」

私(よいしょが凄い...)

私「しかしそれが原油価格が上がる可能性が高いのであれば、皆買いたがり既に織り込み済みで価格は上がっているのではないのでしょうか?」

営業「その可能性もあるので、売りから注文を出すことも出来ます!」

私(どっちだよ...)

私「そんなに儲かるのであれば貴方個人もやっているのでしょうか?」

営業「私もやりたいのですが○○の資格をもっていますので、今の会社にいるうちは個人では出来ないんですよ。会社を辞めてしまうと情報も入ってこなくなってしまうので悩んでします。」

 

最低1000万円から

 

私「それで最低金額はいくらでしょうか?」

営業「1000万円になります。」

私「レバレッジをかけて1000万円でしょうか?」

営業「いいえ1000万円を口座に入れていただきます。」

私(高い...)

 

 

ハイリスクハイリターン

1000万円で1000万円の取引をするわけではありません。

1000万円に更にレバレッジが加わります。

1口140000円で約200万円の取引を行うみたいです。
2000000÷140000=14.28

14倍以上のレバレッジです。
ミニマム1000万円に14.28を掛けると1億4280万円になりますよね。
1000万円で1億4000万円の取引をするわけです。

いやいやいくらなんでも危険すぎでしょ。
ハイリスクハイリターンです。

原油価格が仮に5%動いたらどうなるでしょう。
1億4000万円の5%で700万円のお金が動くことになるわけです。
○○円上がればこれだけ2000万円儲かりますよ!と電卓をたたいて儲けた時の数字だけ見せられてもなあ。

 

手数料がバカ高い

ミニマムが1000万円ですので10000000÷140000=71.42
繰り上げで72口になります。

1口当たりの1回の取引手数料が18000円です。
18000×72=1296000
1回売買を行うだけで1296000円です。

この手数料が営業に来た会社に支払うお金になります。
買い時、売り時のアドバイスをしてくれたりはしれくれるみたいですが、売買の決断をするのは自分です。
1億円以上の金額を動かすと考えれば1%程かもしれませんが、それなら仮にやるにしても自分で調べてやった方がいいやと思い断ることにしました。
何度か取引すれば手数料だけでとんでもない金額になってしまいます。

ノーリスクで130万円近い手数料が取れるわけですから、お客さえ取れれば会社はかなり儲かると思います。
お金を出して儲かった人は、次も商品を買うでしょう。
私も1度目で儲かったらおそらく損をするまで、買い続けると思います。
その間は延々と手数料で儲けられる仕組みです。
もちろん会社も手数料を取り続けるためには、お客に儲けさせ続けなければいけないので本気にはなってくれるでしょう。
会社名は伏せますが手数料高すぎ!

 

私は先物取引をやるつもりまありませんが、たまには営業マンの話を聞いてみるのも面白いかもしれません。
無料で勉強させてもらいました。
これシリーズものにしようかな。
また機会があれば聞いてみたいと思います。

-ブログ